2016年2月 「主 の 道 」

申 命 記 5 の章 33節

 「 主 の 道 」と は 《主 が 命 じ ら れ た 道 》の こ と だ と 申 命 記 は 言 い ま す 。 具 体 的 には 、 律 法 を 守 る 生 活 の こ と で す 。 そ う すれ ば 、 神 様 が 祝 福 し 、 必 ず 報 い て く だ さる と 断 言 し ま す 。 主 の 道 と は 、 神 が 用 意し 、 人 間 が 歩 む べ き 道 の こ と で し た 。

 と こ ろ が 新 約 聖 書 に な る と 、 「 主 の 道 」は 様 相 が 一 変し ま す 。 そ れ は ほ か な ら ぬ主 イ エ ス が 歩 む 道 に な る の で す 。 そ れ も十 字 架 に 向 か う 独 り 旅 。 そ の 途 上で イ エス 様 は い わ れ の な い 誹 謗 中 傷 を 受 け 、 弟子 に 裏 切 ら れ 逃 げ ら れ 、 そ し て 神 様 へ の必 死 の 祈 り も 聞 か れ な か っ た … 。 ま さ に茨 の 道 で し た 。

 そ う な る と 、 と て も 人 間 が 命 じ ら れ て歩 き 通 せ る 道 で は あ り ま せ ん 。 で も 、 それ で い い と イ エ ス 様 は お っ し ゃ る の です 。 私 が 代 わ り に 歩 こ う 、 と 。

 な ぜ で し ょ う か 。 厳 し す ぎ た 旧 い 道を 、 少 し で も 歩 き や す く す る た め で す 。こ ん な 私 で も 歩 け る よ う に 。 た だ 、 こ の新 し い 道 を 作 る た め に 、 イ エ ス 様 は 傷 だら け 。 そ の 傷 一 つ 一 つ に 目 を 凝 ら す こ とが 、 今 の 私 た ち に で き る こ と な の で す 。

>>今月の標語へ戻る
>>トップページへ戻る