2016年6月 「 神 の 楽 し み 」

テ モ テへの手紙 一 6章 17節

  恵 み ″ と い う 言 葉 が 教 会 で よ く 使わ れ ま す 。 で も 、 私 た ち は 、 そ の 意 味 をど れ ほ ど 深 く 味 わ い な が ら 使 っ て い るで し ょ う か 。

  聖 書 が 恵 み ″ と 言 う の は 、 我 が 身 に起 こ っ た こ と を 、 後 か ら 振 り 返 っ て 「神様 が 与 え た も の だ 」と 実 感 す る と き です 。 そ れ も 神 様 の 好 意 の 表 れ 、 私 を こ んな に も 気 に 留 め て く だ さ っ て い る と いう し る し 。 こ ん な に 罪 深 い 私 な の に … 、も っ た い な い ― そ ん な 気 持 ち が こ め られ て い る の が 恵 み ″ で す 。 つ ま り 、 身に 余 る 好 意 に 対 す る 感 謝 と し て 「こ こぞ 」と い う と き に 使 わ れ て き た 、 取 っ て置 き の ひ と 言 な の で す 。

 た だ 、 当 の 神 様 に す れ ば 、 こ う し て 好意 を 寄 せ る の は ご く 当 た り 前 の こ と のよ う で す 。 な に し ろ 《わ た し た ち に す べて の も の を 豊 か に 与 え て 楽 し ま せ て くだ さ る 》方 で す か ら 。 私 た ち の 誰 も が 、神 様 に と っ て の 「楽 し み 」な の で す 。

  私 に と っ て の 恵 み は 、 神 様 に と っ て の喜 び 。 思 え ば 思 う ほ ど 、 有り 難 い こ と です 。 ま さ に 、 み 恵 み な り き 。

>>今月の標語へ戻る
>>トップページへ戻る