2016年9月 「義 の 門 を く ぐ る     」

マ タ イによる福音書 6章 33節 、 7 章 7節

  聖 書 に は 義 と い う 言 葉 が よ く 出て き ま す 。 し か し 愛 に 比 べ る と ど うで し ょ う か ?ど こ か よ そ よ そ し い 感じ が し ま す 。 厳 し い 態 度 、 重 い 負 担 を 感じ て し ま い ま す 。 そ し て 、 い つ の 間 に か 、愛 の 向 こ う に 、 義 を 追 い や っ て し ま う ので す 。

  し か し 聖 書 に と っ て 、 義 も 愛 も 、 「 神様 と は ど う い う 方 か 」を 語 る た め に は 、ど ち ら も 欠か せ な い の で す 。

   義 と は 、 ひ と 言 で い え ば 「ま っ すぐ さ 」で す 。 神 様 の 思 い 、 そ し て 行 動 も 、定 規 で 線 を 描 い た よ う に ま っ す ぐ だ とい う こ と 。 そ し て 、 神 様 の 引 く こ の 線 は 、愛 に 向 か っ て 、 ま っ し ぐ ら に 進 ん で い きま す 。 こ ん な 私 た ち が 大 切 だ か ら 。 こ んな 私 た ち を 活 か し た い か ら 。 だ か ら 神様 と い う モ ノ サ シ ″ を 持 っ て 生 き よ うと 、 聖 書 は 呼 び か け る の で す 。

  義 な る 神 は 愛 の 神 で す 。 人 を 愛 す る 神だ か ら 厳 し い こ と も 言 わ ざ る を え な い 。そ ん な 聖 書 の 呼 び 声 に こ た え て 、 「 義 の門 」を く ぐ っ て み ま せ ん か ?

>>今月の標語へ戻る
>>トップページへ戻る